VTテスターDX 評価

VTテスターDX 評価

                    販売終了しました。

 

VTテスターDX 評価 していきます。

 

VTテスターDX は隠れた名作です!販売HPを見ますと、「検証が出来る」という事を
前面に出されていますが、ちょっと言い方を変えると、「VTテスターDX でシステムを
作れる」という事なのです。

 

勿論、最初から勝てるシステムを作るれるワケではありません。
システムを作るといっても、最初は何をどうすれば良いのかサッパリ?ですもんね。

 

この「VTテスターDX」は、各テクニカル指標のパラメーター数値を入力して (最初は適当でいいんです!)ボタンをポンと押すだけで、チャート上にその条件で売買した場合の
結果が表示されます。

 

(獲得Pips・勝率・プロフィット・ファクター、最大ドローダウン、損益レシオが表示可能)

 

色々いじっていると、テクニカル指標の特徴が段々と判ってきて、非常に勉強になりま
す。

 

例えば、移動平均線のゴールデンクロス・デッドクロスでの売買でシステムを作るとする
と、2つの移動平均線の周期をあれこれと変化させて、良さそうな組み合わせを探しま
す。しばらく探していると、レンジ相場でダマシが多い事に気がつきます。そのダマシを
回避する為に、オシレーター系のテクニカル指標のストキャスティクスを使って・・・・・。

 

そして、凄く優秀なパラメーターの組み合わせを見つけて、「これで億万長者だ!」と喜んで実運用すると、アレアレ?全然ダメダメじゃん?何で?

 

それが噂のカーブフィッティングだと気が付くのに、さほど時間はかかりません。
ではどうすればカーブフィッティングを回避できるのか?それには自由度を意識して
程よくシンプルにして、パラメーターはできるだけ世界中の人達が設定しているような
数値を使い・・・。

 

言葉にすると難しそうですが「VTテスターDX」を使うと、視覚的に非常に判りやすいので
スムーズに前述しました一連の流れが実行できます。

 

注意:凄く良さそうなシステムができたとしても、焦ってスグに実運用はせずに、必ず
デモ口座でフォワードテストをして下さい。検証期間の20〜30分の一の期間を目安に
すると良いと思います。
そして、必ず有効期間があると認識しておいて下さい。検証期間の3〜5分の一の期間
が目安です。

 

チョット待ってください!

 

ここまで褒めちぎっておいて申し訳ないのですが御購入は今は待った方がよいと思いま
す。

 

というのは、現在CMSのVTというチャートソフトはどんどんバージョンアップしていて、
最新のバージョンには「VTテスターDX」は対応していません。

 

私は旧バージョンのVTを持っていますので問題ないのですが (といってもローソク足を
5000本以上表示させる特典がうまく機能してくれません。取扱い通貨が増えて気配値
の数が増えた為だと説明を受けましたが、今現在修正したというお知らせはいただいて
おりません。ただ「特典はサポート外」とマニュアルに書いてありましたので仕方ないか
もですね。)

 

今後、落ちついたら対応してくれる?事を祈りながら、御購入は今しばらくお待ちいただ
いた方が良いかと思います。

 

VTテスターDX 評価は以上です。